2017年4月3日月曜日

【修理記録】画面とボタンが故障したSE、見た目が5Sでも中身は6S。つまり高性能ということです!

修理レポート

お客様のご要望
「画面が映らない」

画面は割れていないものの、映らないとのこと。
落としてしまったそうなので、衝撃で故障したのでしょうか。

画面を修理しようと中を見てみると、画面のケーブルが切れていました。
さらにホームボタンも断線。

画面とボタンを交換すると、無事に起動して使用出来ました。
ボタンは残念ながら交換してしまうと、指紋認証が使えなくなってしまいます。(セキュリティの関係で、元々のボタンしかTouchIDが使えません)
ボタンを押したときの動作は問題ないので、パスコードをタッチして解除すれば、従来通りお使いいただけます。お客様のご希望で、このまま修理を行いました。

またお客様は「5s」をお使いになっていると思われていましたが、この機種は「SE」です。「5s」と同型ではありますが、それよりも2年半後に発売した高機能スペックのiPhoneです。CPU(処理能力)やアウトカメラはiPhone6sと同等の性能です。
そしてパーツは5sと異なるものも多いので、SE用のパーツが必要です。

「見た目が5sと一緒なら、どうやって見分けがつくのか?」とお客様からご質問をいただきましたが、本体の裏に「SE」と入っています。
これが「5s」との違いです。
あとはSEにはローズゴールド(桃)もあるので、この色の場合は間違いなくSEです。

これは6と6Plusと形が同じ「6s」「6s Plus」でも同じ見分け方が出来ます。
皆さん自分は何の機種を使っているのかわからなくなったら、裏面を見るとヒントがあるかもしれません。

余談が長くなってしまいましたが…


また何かありましたら、ご来店下さい。
本日はありがとうございました。


価格や修理方法など、修理の疑問を全て解決出来るよう務めますので、まずは一度ご相談下さい。電話、メール、Twitterなどお好きな方法でご連絡お待ちしております。



修理記録

【お客様】
30代男性

【機種】
iPhoneSE

【故障内容】
画面が映らない

【故障原因】
落下

【修理内容】
液晶画面交換
ホームボタン交換

【作業時間】
約25分

【修理写真】
<修理前>
映らないiPhoneSE

<修理中>
<修理後> 
修理完了
無事に映りました
裏面を見ると「SE」の表記
ちな6sシリーズには
「S」と表記がありますよ


ドクターのつぶやき

ちなみにiPhone5とiPhone5sの形も見た目が似てますが、指紋認証が無いのは「5」です。「5s」とお間違えの無いようご注意を!








アイフォンドクター大井町店
070-6633-5596

0 件のコメント: