2017年4月26日水曜日

【修理屋の小言】液晶に縦線が入っている場合は、液晶ケーブルに異常あり!

〜修理屋の小言〜

iPhone画面の修理、トラブルに遭ってしまったお客様は、液晶画面に縦線が入っていた方もいるかと思います。
仮に画面が表示されていても、液晶画面に縦線が入っているとタッチが出来ないことや、画面の誤作動などが起きてしまいます。

これは「フレックスケーブル」と言われる液晶と本体の基板を接続するケーブルが断線するなどして障害が発生している可能性が高いです。
通常は本体の内部に隠れていますが、衝撃や水分などでトラブルが発生してしまいます。
ものすごく繊細な部位なので、たとえ新品の画面でも修理時の取扱には十分な注意が必要です。万が一引っ張ったりするだけでも、切れたり使えなくなってしまいます。

「液晶に時々縦線が入ってしまう」方などは、ケーブルが切れ掛かっていたり損傷している可能性があり、後に故障する可能性もあります。


この場合はパーツ交換で直ります。
何かあれば、アイフォンドクター大井町に遠慮なく相談下さい。








アイフォンドクター大井町店
070-6633-5596

0 件のコメント: