2017年2月26日日曜日

【修理記録】液晶が使えなくなった時は触らないほうが良いかもしれません。その理由とは…?

修理レポート

お客様のご要望
「画面割れ」

ガラスと液晶が割れてしまい、操作不能な状態。
画面の上部が少し見えるのみです。
今回は画面と液晶の交換修理ですぐに復旧しました。

修理後に再起動し、充電、液晶表示など問題はないのですが、
「iPhoneを使用できません」という表示が出てしまいました。

これは一定回数パスコードロックの解除を間違えたとき、一時的にiPhoneが使えなくなるようにするものです。
間違えれば間違えるほど使用不能の時間が増えていくうえに、設定していた場合に限りますが、一定回数ロック解除を間違えるとデータを消去する設定に変えることもできます。

液晶が割れたことで、タッチ操作がうまく出来なかったり、タッチパネルの誤作動で勝手に押されてロック解除のエラーを出してしまったりすることが、今までもありました。
電源が入っていたり画面を表示していると、何もしていないのにロック解除画面で勝手にiPhoneがロックされているケースは、今回が初めてではありません。

せっかく修理したのにロックされてすぐに使えなかったり、最悪の場合データが消去…。
なんてこともありますので、データを守る機能としてはありがたいのですが、こういった症状が発生した場合には画面をオフにしましょう。

また何かありましたら、ご来店下さい。
本日はありがとうございました。


価格や修理方法など、修理の疑問を全て解決出来るよう務めますので、まずは一度ご相談下さい。電話、メール、Twitterなどお好きな方法でご連絡お待ちしております。



修理記録

【お客様】
20代男性

【機種】
iPhone6

【故障内容】
画面割れ

【故障原因】
落下

【修理内容】
画面交換

【作業時間】
約15分

【修理写真】
<修理前>
画面割れて液晶の殆どが
表示されない状態

<修理中>
<修理後> 
画面交換は無事に終了したものの
iPhoneがロックされている状態
修理前の写真をよく見てみると、
修理前にすでにこの状態になっていた様子


ドクターのつぶやき

画面を落としたり、割れたりしたことで画面誤動作の症状が出ることがあります。これでパスコードロックが掛かると最悪の場合データを失うことも…。ご注意下さい。
(操作不能な場合はひとまず、そのままお持ちください)








アイフォンドクター大井町店
070-6633-5596

0 件のコメント: